1-Style (株)第一産業高山本店

HIDA MINO JAPANのここが凄い

先日の家具イベントで、背の高い、すなわち足の長い旦那さんを伴ったご夫婦がダイニングセットをお探しに来られました。
色々と広い会場内を探し廻った様ですが私がおりますWeDOStyleのブースにいらっしゃいました。

WeDOStyleの最高峰のシュープリームに可なりご満悦でした。
しばらく私の説明をお聞きいただき、奥様はこれにしますかと旦那さんに囁きました。
旦那さんもお気に入りの様でしたが、一つ問題が有りました。
外国人の旦那さんはテーブルの高さが69センチと標準より1センチ低いことに難色を示しました。
今、使っているのは74センチで丁度良いとのこと。
シュープリームはデザインもウォールナットの感触も最高で本当にお気に入りでした。
奥様が一言「脚を長く出来ませんか」と。
私は答えました「残念ですが。こちらは海外生産ですので、ご希望に沿えません」と。

残念そうに立ち上がりWeDOStyleのブースを去ろうとしたお二人を直ぐ目の前のブースにご案内しました。

そこは、国産リビングダイニングメーカーの1-style&HIDA MINO JAPANの第一産業高山本店のブースです。

私は伝えました「こちらは国産メーカーですので高さを変えるのは可能かと思います」と。
実際可能なのです。

担当に引き継ぎWeDOStyleのブースに戻りました。
お二人の姿は目の前です。

担当がお薦めしたのがHIDA MINO JAPANのB.Hでした。
こちらは脚が一枚の板に固定されていて天板にその板を固定している構造です。
天板と脚の間に希望の厚さの板を差し込んで固定すれば高さが変えられます。
チェアもクッション付きや板座もそろっていて選択支も可なり豊富です。
長時間話し合っていた様ですが、暫くして通路を挟んで目の前の私を見た担当が手招きして私を呼んでいます。
駆け寄ると、先ほどのお客様から「いい物を紹介していただきありがとうございます」とお礼を言われました。
「お役に立てて良かったです」と私は申しました。

因みに同じHIDA MINO JAPANの「悠」も脚の変更は可能です。

国産のなせる業です。 第一産業高山本店、HIDA MINO JAPANの凄さです。

第一産業高山本店に惚れて弊社サイトでも扱わせていただいております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。