ブログ

埼玉県春日部市で和菓子の有名店「むら山」を訪ねました。

埼玉県春日部市で和菓子の有名店「むら山」を訪ねました。
社長で15歳で新潟から上京し、和菓子の道に入った村山(むらやま)さんは若い頃から東京都心の有名店で修業を積みながら腕を磨いてきた職人歴60年の本物の和菓子職人だ。
地域に馴染んだお菓子を作りたいとの気持ちから、春日部の地に大きな借金を抱えながら和菓子店をオープンした。
奥さんに言ったそうだ、「暫くは子作りは無理だな」と。(内緒だったか、いや事実を書かせていただきます)
全日本和菓子大賞受賞の「梅若塚」は、春日部市内の満蔵寺(まんぞうじ)に建つ塚にちなんで作られたとか。北海道産の白小豆や卵黄などで練り上げた黄身餡に、長時間ブランデーに漬けた、最高級の紀州産梅を丸ごと入れて黄味時雨地で包み、じっくり焼き上げています。梅の甘酸っぱい風味は格別です。プロの和菓子職人の技とは口に入った瞬間に分かる物なんですね。
甘党の私には「たまらんです」
現在は、本店の他に息子さんの専務さんが仕切る支店を構え、銘菓店として名実ともに春日部市の有名店です。
私は、むら山の数々の銘菓を全国の和菓子好きな方々へご紹介したいと思います。

ご贈答にShopRoadで是非どうぞ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。